> ニュース > 業界ニュース

フロートガラスの作り方

2023-09-07

フロートガラスの製造工程は、原料の準備、ガラスの鋳造、冷却処理、切断、研磨の各工程に分かれます。




原料の準備


フロートガラスの主原料は、シリカ、アルカリ金属酸化物、フッ素などの化学物質です。これらの物質を一定の割合で混合し、ガラスを溶かした原料液を作ります。




グラスに注ぐ


原料の溶融液体がコンクリートプールに注がれ、プール内に均一な液体ガラスの帯が形成されます。純粋なガスを溶解表面に添加してガラス表面を均一にします。




冷却処理


溶融物はコンクリートプール内で冷却され、最終的には平らなガラスシートになります。ある程度温度が下がると、ガラス表面の第一層が空気に触れて固まり、結晶化します。




切断と研磨


ガラスパネルは標準サイズに切断され、研磨エリアに入ります。ガラス板は研磨機で何度も精密に研磨され、表面が滑らかになります。




上記はフロートガラスの製造プロセスであり、このプロセスはシンプル、良好な制御、高効率の特徴を持ち、ガラス製造業界で広く使用されています。